Kaufmann療法

定義
無月経など女性ホルモン異常の患者に対して行われ、月経周期、排卵を取り戻すのを
目的としております。

対象疾患
無月経、過多月経、過長月経、機能性子宮出血、月経前症候群、更年期障害など

方法
月経周期の5日目ぐらいにエストロゲン製剤を、15日目ぐらいをめどに
プロゲステロン製剤を服用してもらうことで擬似ホルモンリズムを形成します。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…