Mallory- Weiss症候群

激しい嘔吐・悪心の反復(急激な腹圧の上昇)などで、食道胃接合部付近の粘膜に裂創が生じ、そこを出血源として吐血、まれに下血をきたす疾患である。誘因としては過度のアルコール摂取が最も多く、中年男性に多い。その他、妊娠悪阻、抗がん薬、内視鏡検査なども誘因となる。上部消化管出血の約5%を占める。

臨床


  • 過度のアルコール摂取、妊娠悪阻、抗がん薬、内視鏡検査などを誘因としては起こる。嘔吐などで急激に上昇し、食道胃接合部(EGJ)付近の粘膜に浅い裂創ができ、そこから出血が起こる。典型的には、アルコールを多飲し、激しい嘔吐、悪心を繰り返した後に、鮮血の混じった吐血(胸痛や腹痛は伴わない)がみられる。
  • 内視鏡検査で、食道胃接合部付近の粘膜に縦走する裂創を認める。

治療


  • 保存的治療でほとんどが自然止血する
  • すでに止血している場合、絶食、補液、酸分泌抑制薬、止血薬、粘膜保護薬などを行う。
  • 出血を認める場合、内視鏡的止血術(クリッピング、アルゴンプラズマ凝固法(APC)、止血鉗子、高張Na・エピネフリン(HSE)局注など)を行う。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…