術後の発熱

術後にみられる発熱の原因としては大きな分類としては、
1、感染症 2、治療関連 3、その他の大きく三つにわかれる

1、感染症
感染症の種類としては、創部感染症、尿路感染症、気道感染症、カテーテル関連感染症
偽膜性大腸炎などが考えられる。

2、治療関連
治療関連で発熱に関係するものとして、手術侵襲によるもの(侵襲度が高いものほど発熱きたしやすい、
また術後48時間以内の発熱の大半の原因でもある)
薬剤熱(抗菌薬によるものが多い)、輸血(新鮮凍結血漿でもおこりうる)

3、その他
そのほかのものとして、アルコールや抗不安薬からの離脱症候群、術後血栓症(心筋梗塞、DVT、肺塞栓症、血栓性静脈炎など)
甲状腺や副腎クリーゼ、無石性胆嚢炎、偽痛風などがある。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…