DDS(Drug Delivery System)

〔概念〕
吸収障壁の通過や、薬物供給、分布や振り分けの問題のある薬物に対して、DDS技術(吸収改善、コントロールドリリース、ターゲティング)を利用することで、薬物体内動態の適切な制御を行うこと。
〔目的〕
作用部位に望ましい濃度で選択的に送達させ、最適治療効果を得る。
〔適用例〕

  1. 連続投与、頻回投与が必要なもの(狭心症に対する亜硫酸化合物など)→経皮コントロールドリリースを行う。
  2. 経口投与製剤化が望まれるもの(細菌感染症に対する抗生物質など)→プロドラッグ化による吸収促進を行う。
  3. 特定の細胞群を標的とし、副作用が強く治療係数が小さいもの(抗悪性腫瘍薬など)→コントロールドリリース、ターゲティングを行う。
  4. 血液脳関門を通過できないもの(脳機能低下に対するニューロペプチド)→透過促進によるターゲティングを行う。
  5. 吸収障壁の透過性が悪いもの(内分泌以上に対するペプチド性ホルモン)→投与経路の変更、吸収促進剤の併用を行う。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…