Reye症候群

Reye症候群は、微小脂肪滴が肝小葉全体に沈着した脂肪肝を合併する急性脳症で、主として幼児〜学童期に見られる疾患である。

臨床像

  • ウイルス感染(インフルエンザ、風疹、水痘など)の後、発熱が治った頃にAST,ALTの上昇や高アンモニア血症を伴う急性脳症をきたす。
  • 急性脳症の症状として、嘔吐、意識障害、けいれん、徐脳硬直などがみられる。
  • 検査所見としては、AST・ALT↑、アンモニア↑、低血糖、APTT・PT延長が挙げられる。
  • 致命率は10%~20%である。

治療法

  • 脳浮腫に対してはD-マンニトール投与、低血糖に対してはブドウ糖輸液が行われる。

疫学

  • ほとんどが幼児〜学童期おこる。
  • 1970年代まで欧米で多く見られたが、近年のわが国では稀な症候群である。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…