凍傷

凍傷は、低体温による局所の組織の緩徐な壊死である。程度により、第Ⅰ~第Ⅳ度に分けられる。治療は、40~42℃の温湯に浸す、血管拡張、外科的処置。火で加温したり、マッサージする事は禁忌。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…