凍傷

凍傷は、低体温による局所の組織の緩徐な壊死である。程度により、第Ⅰ~第Ⅳ度に分けられる。治療は、40~42℃の温湯に浸す、血管拡張、外科的処置。火で加温したり、マッサージする事は禁忌。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…