Sturge-Weber症候群

顔面の一側の三叉神経第1,2枝支配領域の血管腫と同側の脳萎縮、石灰化の合併をいう。
顔面の単純性血管腫と反対側の痙攣発作、精神遅滞、対側の片麻痺、同側の緑内障と牛眼。
検査では、Xrで頭蓋内石灰化陰影、CTで脳室周辺の石灰沈着を認める。

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…