Sturge-Weber症候群

顔面の一側の三叉神経第1,2枝支配領域の血管腫と同側の脳萎縮、石灰化の合併をいう。
顔面の単純性血管腫と反対側の痙攣発作、精神遅滞、対側の片麻痺、同側の緑内障と牛眼。
検査では、Xrで頭蓋内石灰化陰影、CTで脳室周辺の石灰沈着を認める。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…