Sturge-Weber症候群

顔面の一側の三叉神経第1,2枝支配領域の血管腫と同側の脳萎縮、石灰化の合併をいう。
顔面の単純性血管腫と反対側の痙攣発作、精神遅滞、対側の片麻痺、同側の緑内障と牛眼。
検査では、Xrで頭蓋内石灰化陰影、CTで脳室周辺の石灰沈着を認める。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…