Weber-Christian病

《概念》
原因不明の皮下脂肪織炎と多発性の皮下結節を示す極めてまれな疾患。
《疫学》
30歳以下の若い女性に多い。男女比約1:2。
《症状》
発熱と有痛性の皮下脂肪織炎が主症状。皮膚の陥凹を残す。反復する発熱、非化膿性皮下脂肪織炎、全身倦怠、関節痛、筋肉痛、脂肪肝
《検査》
血清リパーゼ↑、血清アミラーゼ↑
《治療》
NSAIDs、ステロイド、免疫抑制薬

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…