翼状片

結膜組織が鼻側(まれに両側)から翼状に増殖して角膜内侵入をきたす。慢性に進行する疾患である。
原因として、外からの刺激(埃、光線など)や加齢が考えられている。

症状


翼状片は血管組織を伴っており、充血を認める。
翼状片から角膜や瞳孔部に達すると視力障害を呈する。

治療


外科的に切除するが、再発も多い。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…