翼状片

結膜組織が鼻側(まれに両側)から翼状に増殖して角膜内侵入をきたす。慢性に進行する疾患である。
原因として、外からの刺激(埃、光線など)や加齢が考えられている。

症状


翼状片は血管組織を伴っており、充血を認める。
翼状片から角膜や瞳孔部に達すると視力障害を呈する。

治療


外科的に切除するが、再発も多い。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…