アレルギー性結膜炎

花粉、ダニ、ハウスダスト、動物の毛、カビなどをアレルゲンとするⅠ型アレルギー疾患である。

臨床


  • 比較的急速に眼瞼腫脹、結膜の浮腫、充血、流涙、粘液様眼脂、瘙痒感を生じる。
  • スギ花粉症では、2〜4月に急性に症状が出現し、鼻炎を合併することが多い。

診断


  • スクラッチテストなどで抗原を特定する。
  • 眼分泌物中に好酸球が検出されれば、確定診断となる。

治療


  • アレルゲンの除去と抗アレルギー薬、ステロイド点眼を行う。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…