クロルヘキシジン点眼液

≪適応≫アカントアメーバ角膜炎。

角膜擦過物からアメーバの存在が確認されたら、頻回点眼を早く開始する。

点眼薬として承認されていないため、倫理委員会などの審議、十分なインフォームドコンセントが必要。

 

 

≪作成方法≫

1.0.02%クロルヘキシジン液をミリポアフィルターを通して滅菌点眼瓶に分注。(クリーンベンチないで行うこと)

2.冷所保存で3カ月以内に使用。開封後は1週間以内。

 

注目の記事

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & …続きを読む…