クロルヘキシジン点眼液

≪適応≫アカントアメーバ角膜炎。

角膜擦過物からアメーバの存在が確認されたら、頻回点眼を早く開始する。

点眼薬として承認されていないため、倫理委員会などの審議、十分なインフォームドコンセントが必要。

 

 

≪作成方法≫

1.0.02%クロルヘキシジン液をミリポアフィルターを通して滅菌点眼瓶に分注。(クリーンベンチないで行うこと)

2.冷所保存で3カ月以内に使用。開封後は1週間以内。

 

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…