クロルヘキシジン点眼液

≪適応≫アカントアメーバ角膜炎。

角膜擦過物からアメーバの存在が確認されたら、頻回点眼を早く開始する。

点眼薬として承認されていないため、倫理委員会などの審議、十分なインフォームドコンセントが必要。

 

 

≪作成方法≫

1.0.02%クロルヘキシジン液をミリポアフィルターを通して滅菌点眼瓶に分注。(クリーンベンチないで行うこと)

2.冷所保存で3カ月以内に使用。開封後は1週間以内。

 

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…