肥厚性幽門狭窄症

≪病態≫
胃幽門部輪状筋の肥大、増殖により、幽門狭窄をきたした状態。
生後2~3週の男児に多い。

≪症状≫
無胆汁性の噴水状嘔吐を繰り返す。
嘔吐後でも空腹感が強いため、再び哺乳を始める。
右上腹部にオリーブ状腫瘤を触知する。

≪治療≫
まずは保存的両方を選択する。輸液により、脱水、アルカローシスを補正する。
また、硫酸アトロピンにより胃幽門部輪状筋を弛緩させる。
それでも効き目の見られない場合、外科的に粘膜外幽門筋切開術を行う。

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…