コロイデレミア

網膜色素上皮細胞と脈絡膜の進行性止宿を生じる先天性夜盲。

 

 

≪遺伝≫

X染色体遺伝。

REP-1遺伝子の変異による。遺伝子診断をおこなう。

 

≪症状≫

小児期より、進行性の夜盲で発症する。

視野は輪状暗点から始まり、求心性視野狭窄を来たす。

視力は比較的保たれる。

 

≪眼底所見≫

初期:顆粒状色素沈着、限局性の色素上皮委縮。

末期:脈絡膜委縮が進行し、強膜が透見できる。正常網膜は島状に散在。

 

 

≪検査≫

GP  輪状暗点~求心性視野狭窄。

FA 背景蛍光の消失。脈絡膜の血管が造影され、正常網膜は相対的過蛍光。

ERG 全ての反応で消失。

 

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…