リンパ脈管筋腫症(LAM:lymphangioleimyomatosis)

〈概念〉

やや未熟な平滑筋細胞(LAM細胞)の増殖を主徴とする疾患。

過誤腫性脈管筋腫症ともいう。

妊娠可能な年齢の女性に好発する。

〈症状〉

自然気胸、労作時呼吸困難、咳嗽、血痰、乳び胸など

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…