眼精疲労

眼精疲労とは

眼精疲労とは、視作業(眼を使う仕事)を続けることにより、前額部の痛み・眼痛・眼のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状や、頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現し、休息や睡眠をとっても十分に回復しえない状態をいう。

眼精疲労の原因

前眼部の状態を詳しく観察すると、上記の症状を訴える方の多くにドライアイ上部輪部結膜炎・眼瞼炎・マイボーム腺炎・涙小管炎を合併している方が多い。コンタクトレンズによる接触性結膜炎の場合もある。

生活環境が原因としても挙げられる。

度の合わない眼鏡を使用していたり、老視(老眼)の初期などで無理な近業作業を行った場合などがそうである。最近は、特にパソコンなどを使用する機会(VDT作業)が増えたため、これが原因の眼精疲労が増えている。

眼精疲労の治療

原因を特定し、それが発見されれば排除することが必要である。上記の乾燥性、接触性、炎症性の原因が示唆される場合は適切な点眼薬・治療法を選択する。

眼鏡が合わない場合は再作成し、コンタクトレンズの併用を薦めたりする。パソコンを使用する機会の多い人は、適度な休息を取りながら行うことが非常に大切である。予防法として、瞬目をしっかりする、モニターの位置はできるだけ下にする、といった対策も有効である。

眼精疲労に特効薬はないが、ビタミン剤の配合された点眼薬や内服薬が有効である場合がある。リラクゼーション・エステを元にした治療法を提供している施設もある。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…