黄斑浮腫

黄斑とは

網膜の中心部にある直径1.5~2.0mmの淡黄色の部分を黄斑といい、その中央部のややくぼんだ直径0.3~0.4mmの部分を中心窩という。黄斑には2種類の視細胞のうち、錐体が高密度に集積している。錐体は解像力に優れているため、黄斑の疾患は視機能の低下に直結しやすい。

黄斑浮腫]]とは">

黄斑浮腫とは

黄斑に血管外浸出物が貯留した状態をさす。形態学的には、嚢胞様浮腫・びまん性浮腫・網膜下液に分けられる。OCTによる観察で詳細に分析する事が可能である。

黄斑浮腫]]の原因">

黄斑浮腫の原因

①網膜血管疾患

網膜静脈分枝閉塞症網膜中心静脈閉塞症

網膜中心動脈閉塞症では網膜浮腫は生じるが、黄斑浮腫は生じない。)

糖尿病網膜症

ぶどう膜炎

③脈絡膜血管疾患

中心性奨液性網膜脈絡膜症・加齢黄斑変性・特発性黄斑変性

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…