バルーン下逆行性静脈的塞栓術(B-RTO:balloom occluded retrograde transvenous obliteration)

主に胃静脈瘤を構成する脾腎シャント(上腸間膜‐下大静脈シャント)に対し、大腿静脈からバルーンカテーテルを挿入し出口部を塞栓する方法。またその後、供血部である短胃静脈、左胃静脈、などに対し硬化薬を注入し血栓化させる。

注目の記事

遺伝子解析ソフトウエア

定義 遺伝子研究を行う際のツール。プラスミド作成、プライマー作成、DNAシークエンス等で欠かせないソフトウエア。最近ではフリーのものも多く出回るようになってきた。またこれまではMac環境でないとつか …続きを読む…