バルーン下逆行性静脈的塞栓術(B-RTO:balloom occluded retrograde transvenous obliteration)

主に胃静脈瘤を構成する脾腎シャント(上腸間膜‐下大静脈シャント)に対し、大腿静脈からバルーンカテーテルを挿入し出口部を塞栓する方法。またその後、供血部である短胃静脈、左胃静脈、などに対し硬化薬を注入し血栓化させる。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…