静脈瘤

≪病態≫

比較的末梢の静脈血うっ滞や静脈壁の菲薄化により、静脈が拡張した状態。

≪下肢静脈瘤

・1次性:表在静脈弁の障害。リスク因子として高齢、肥満、妊娠があげられる。

・2次性:深部静脈弁の障害。背景因子として血栓性静脈炎、静脈血栓症があげられる。

≪胃食道静脈瘤

肝硬変Budd-Chiari症候群などにより、門脈系血流の下大静脈への流入が減少し、静脈を介した側副血行路への血流が増加した結果、胃静脈瘤や食道静脈瘤となる。

通常無症状だが、破裂すると大量出血となる。
治療:静脈結紮術、静脈硬化療法、静脈離断術

注目の記事

色素上皮剥離

pigment epithelial detachment :PED 検査所見 眼底像 色素上皮層の隆起として検眼鏡的に判別できるが、小さいものなどまれにポリープ状脈絡膜血管症 (PCV)のorga …続きを読む…