中心性漿液性脈絡網膜症

ストレスの多い中年男性に多く生じる原因不明の疾患である。

症状

  • 突然の片側性の視力低下、中心暗点、変視症(物が歪んで見える)、小視症(物が小さく見える)を呈する。
  • 黄斑部網膜の限局性剝離のために眼軸が短くなり、遠視傾向となる。

検査、診断
  • 眼底検査にて、黄斑部に円形の漿液性網膜剥離がみられる。
  • 蛍光眼底造影にて、色素の漏出点が確認される。


治療

  • 3〜6ヵ月で自然治癒することが多い。漏出点をレーザー光凝固することで治癒期間は短縮する。ただし、視力低下を招くため黄斑部に対してはレーザー光凝固は行わず、循環改善薬を用いる。
  • ステロイドは無効であり本疾患のリスクファクターにもなる。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…