胆管拡張症

胆管拡張症

たんかんかくちょうしょう bile duct dilatation

胆管の内腔径が拡大している状態。胆石などの閉塞機転の発見が重要となる。胆嚢摘出手術後の場合は臨床上治療対象にはならない。

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…