井上ステントグラフト

心臓血管外科医である井上寛治医師によって発明された、動脈瘤専門のステント。開胸手術で用いられる人工血管を折りたたんだものをカテーテルを用いて瘤に運び、拡張することで瘤への血流を遮断する。
腹部大動脈瘤に対してのステントグラフトはすでに保険適用があるが、左鎖骨下動脈に留置する枝付きのステントは臨床研究の段階である。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…