井上ステントグラフト

心臓血管外科医である井上寛治医師によって発明された、動脈瘤専門のステント。開胸手術で用いられる人工血管を折りたたんだものをカテーテルを用いて瘤に運び、拡張することで瘤への血流を遮断する。
腹部大動脈瘤に対してのステントグラフトはすでに保険適用があるが、左鎖骨下動脈に留置する枝付きのステントは臨床研究の段階である。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…