B群連鎖球菌

新生児の髄膜炎や敗血症の起因菌として最近注目されている。成人においても、感染性心内膜炎、腎盂腎炎、蜂窩織炎、骨髄炎、敗血症を起こすことがある。産道感染を起こすことがあり、これによる早発型敗血症は死亡率が高い。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…