B群連鎖球菌

新生児の髄膜炎や敗血症の起因菌として最近注目されている。成人においても、感染性心内膜炎、腎盂腎炎、蜂窩織炎、骨髄炎、敗血症を起こすことがある。産道感染を起こすことがあり、これによる早発型敗血症は死亡率が高い。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…