伴性劣性遺伝

血友病やDuchenne型筋ジストロフィー、色覚異常の遺伝形式。

男性は母親から受け継いだX染色体を1つもち、その染色体に異常があれば発症する。
一方、女性は父親と母親それぞれから受け継いだX染色体を1つもち、その両方に染色体異常があるとき、初めて発症する。
このことから、血友病は1つの染色体で発症する男性の方が女性よりも圧倒的に頻度が高い。

祖父の持つ遺伝子が娘に受け継がれ、男の孫が生まれた際に発症する隔世遺伝が見られることも多い。

(実際には血友病の約3割は、突然変異によって発症するといわれている。)

注目の記事

白血病

白血病(leukemia)とは遺伝子異常の結果、増殖や生存において優位性を獲得した造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖するクローン性の疾患である。分化能の違いから大きく急性白血病と慢性白血病に分 …続きを読む…