光干渉断層計(OCT)

OCT(optical coherence tomography)は高解像度の眼組織の画像診断装置である。原理は近赤外線低干渉装置に基づいている。観察光はビームスプリッターで2つに分離し、一方はコントロールとして反射鏡に進み(reference beam)、もう一方は測定光として眼内に進行する(probe beam)。測定光は、網膜各層で反射して、それぞれ時間の遅延を伴って異なる強度で戻ってくる。コントロール波は反射鏡に反射して戻ってくる。眼内からの反射波とコントロール波が重なり、干渉現象が起こる。この干渉波を測定し、反射波の強度、時間的ずれを算出してOCT断面図を再構成する。

近年従来のタイムドメイン方式より、高感度かつ高速撮影が可能なフーリエドメイン方式のOCTが出現しより詳細な網膜、脈絡膜の観察が可能となった。

注目の記事

dermoid cyst(成熟嚢胞性奇形腫)

≪概念≫ dermoid cystは成熟した三胚葉成分から構成される。嚢胞は重曹扁平上皮でできた強靭な嚢胞壁で覆われ、正常卵巣とは明確に区別される。嚢胞の一部は皮脂、毛髪、歯牙、骨、軟骨、神経組織、 …続きを読む…