骨代謝異常

代謝異常について

ここでは、リモデリングについて簡単に説明し、骨代謝異常についての簡単なまとめの表を記述します。

リモデリングについて

1、膜内骨化

身分かな結合組織の膜の中に骨芽細胞が直接分化して骨組織を作るもので、この様式で形成された骨を膜性骨あるいは付加骨という。扁平骨とか

2、軟骨内骨化

最初に将来骨となる部分が硝子軟骨で作られ破骨細胞が壊した後、骨芽細胞が骨組織によって軟骨組織に置き換わる。軟骨性骨(置換骨)という。 成長時だけでなく破壊吸収が行われること。 無機質調整や、強度を高める。

代謝異常疾患のまとめ

注目の記事

心室中隔欠損症(ventricular septal defect: VSD)

≪疫学・概念≫ 先天性心疾患は出生児の1%ほどが合併する。心室中隔欠損とは心室中隔に欠損校が存在する奇形である。心室中隔は漏斗部中隔、膜様部中隔、肉柱性中隔、流入路中隔の4部分に分けられ、これらの中 …続きを読む…