動静脈瘻

《定義》
動静脈が毛細血管床を経ないで連絡し、左→右シャントを生じたもの。冠動脈-冠静脈間、冠動脈-肺動脈間、肺動脈-肺静脈などに多い。
《病因》
多くは、先天性。後天性(外傷、医原性)もある。
《症状》
病変部位に一致した連続性雑音、チアノーゼ(肺動静脈瘻
《検査》
血管造影:シャント部位の確認診断
《治療》
①手術により動静脈瘻血管の結紮
②カテーテルによる動静脈瘻の塞栓
《予後》
一般的に良好

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…