正中頸嚢胞・瘻

正中頸嚢胞は、甲状舌管の遺残である為、舌盲孔から舌骨を通り、甲状腺までの間のどこにでもみられる。多くは舌骨前部に腫瘤がみられる。舌骨中央部も含めて完全切除を行う。

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…