正中頸嚢胞・瘻

正中頸嚢胞は、甲状舌管の遺残である為、舌盲孔から舌骨を通り、甲状腺までの間のどこにでもみられる。多くは舌骨前部に腫瘤がみられる。舌骨中央部も含めて完全切除を行う。

注目の記事

幽門側胃切除術

幽門側胃切除術の適応は術前診断でN0(リンパ節転移なし)のStageⅠAで胃の中部(M)下部(L)に存在する胃癌が適応となる。正中切開にて上腹部開腹し、転移の有無を確認するため、膀胱直腸窩、左横隔膜下 …続きを読む…