咽後膿瘍(:retropharyngeal abscess

咽後膿瘍:咽頭後壁のリンパ濾泡に膿瘍を形成したもので
急性咽頭、扁桃炎に引き継いで起こるものである。

原因:化膿性連鎖球菌、黄色ぶどう球菌、インフルエンザ桿菌などによることが多い。

症状:高熱(必ずしも高熱になるとは限らない)、咽頭痛、嚥下障害、頭頸部後屈位をとる。
   膿瘍による気道閉塞による呼吸困難。膿瘍の自潰による肺炎、誤嚥などによる突然死。

身体所見:咽頭後壁の発赤、腫脹、触波動。

検査:WBC、好中球、CRP、増加、
    画像診断で頚椎と咽頭後壁間の拡大、咽頭後壁の膨隆、膿貯留
 
治療:切開排膿と原因菌に基づいた抗菌薬投与。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…