外転神経

第Ⅵ脳神経 abducens nerve

橋下部に存在する外転神経核から発し、腹側より脳幹を出たあと、斜台に沿うようにくも膜下腔を走行、海綿静脈洞、上眼窩裂を経て眼窩内に入り外直筋に至る。外転神経は、虚血、外傷、脳圧亢進などで障害されやすく、後天性の複視を来たす疾患として頻度が高い。

外転神経麻痺に伴う神経症状では、Millard-Gubler症候群や、Foville症候群がよく知られている。前者は橋の腹側の病変で外転神経に加え、顔面神経と錘体路が障害され外転神経麻痺、同側の顔面神経麻痺、対側の片麻痺を呈すものであり、後者はより背側の病変で外転神経核、顔面神経(核)が障害され、同側への注視麻痺、顔面神経麻痺、時に片麻痺を伴うものである。

Duan症候群 Gradenigo症候群

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…