急性一過性精神病性障害

精神病症状が2〜3ヵ月以内に消退する急性精神病をいう。
多形性(多彩な病的状態)のもの、妄想を呈するもの、統合失調症症状を呈するものがある。
症状が1ヵ月以内に消退するものを短期精神病性障害といい、数日で回復することもある。統合失調症状が1ヵ月以上持続するものは統合失調症と診断する。
関連する急性ストレス(死別、失職、結婚、戦闘、心理的外傷など)がある場合がある。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…