急性散在性網膜色素上皮症(MEWDS)

20~30歳、女性に多い。

風邪症状が前駆症状となることが多い。

 

 

≪所見≫

片眼に網膜深層灰白色滲出斑が出現、黄斑部には黄色〰橙色の顆粒状変化を認める。

視神経に腫脹を認める。

 →中心暗点、マリオット盲点の拡大。

数週間で瘢痕を残さずに治癒する。

 

 

≪検査≫

GP: 中心暗点、マリオット盲点の拡大。

FA: 初期 過蛍光  後期 組織染 網膜色素上皮レベルの障害。

ERG:振幅減弱

EOG: L/D比の低下

注目の記事

Medipedia

Invest your knowledge   ~the more you offer, the more you gain ~ Medical Venture Conference, Japan …続きを読む…