筋芽細胞培養シート

太ももなどの筋肉から採取した筋芽細胞を培養してシート状にしたもの。心筋症などの慢性心不全の末期患者の治療に用いられる。2006年5月、大阪大学医学部の澤芳樹教授らは、日本で初めて、人工心臓をつけて心臓移植を待っている拡張型心筋症の患者に筋芽細胞培養シートを移植し、2007年12月に人工心臓から離脱して退院した。再生医療の臨床応用のひとつ。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…