筋芽細胞培養シート

太ももなどの筋肉から採取した筋芽細胞を培養してシート状にしたもの。心筋症などの慢性心不全の末期患者の治療に用いられる。2006年5月、大阪大学医学部の澤芳樹教授らは、日本で初めて、人工心臓をつけて心臓移植を待っている拡張型心筋症の患者に筋芽細胞培養シートを移植し、2007年12月に人工心臓から離脱して退院した。再生医療の臨床応用のひとつ。

注目の記事

頸椎症の方への注意点

頸椎症の方への注意点 首の骨(頸椎)が悪い人には、肩こり、頭痛、手のしびれ、手の力の低下などさまざまな症状が出てきます。 首の骨が悪いと言われた人は、今より症状を悪くしないために、日常生活で次のような …続きを読む…