idiopathic_macular_telangiectasia

idiopathic macular telangiectasis, IMT

idiopathic juxtafoveal retinal telangiectasis

分類

2006年にYanuzziらが、従来のGass-Blodi classificationをOCT所見も含めて簡略化したものを中心に、他文献の内容も多少補足してサマリーしておきます。

文献:Yannuzzi et al  Idiopathic macular telangiectasia;Arch Ophthalmol 2006:124;450-460

type 1 aneurismal telangiectasia

(Gass 分類のgroup1)

主に、男性、片眼性。 毛細血管異常と大小さまざまな毛細血管瘤を特徴とし、黄斑浮腫(しばしばCME)を伴う。出血や、大きな血管瘤ではしばしばlipid滲出等もみられる。病巣範囲は小さい方が一般に予後はよい(Gassは30度の範囲より大か小かで分類していた)

血管変化が眼底の他部位に現れること、男性片眼性に多いことなどから、YannuiziらはCoat'sの黄斑型との考えを提唱している。

=== Type 2 perifovial telangiectasia ===

(Gass 分類 のgroup2: occult nonexudative IJRT, Gass group 2Bは若年性)

両眼性のことが多く、性差はない。 しばしば早期ではtemporal juxtafoveaにみられ、進行例ではfovea 全周を囲む網膜混濁変化がみられる。毛細血管の変化は検眼鏡的にはわかりづらいことも多い。FA上mild diffuse intraretinal leakage またはstaining像となる。網膜浮腫は強くないが、しばしばfoveaに血管漏出性ではないcystic appearance (lamellar disruption; 別文献)を伴い、黄斑円孔やlamellar holeなどの合併も報告されている。Type1と異なり顕著なlipidや出血も比較的稀。

時に色素上皮の増殖やSRN (subretinal neovascularization)を伴い、SRNを伴うか否かでnonproliferative, proliferative stagesに分類できる。

Nonproliferative stage

視力低下の原因は主にfoveal atrophy。 高解像度の光学的干渉断層計(OCT)の普及に伴い、これらのtelangiectasisのfoveaの詳細像について多く報告がみられる。Koizumi et al AJO Cohen et al Koizumi et al Retina Paunescu et al 他

Proliferative stage

R-R、R-SRN anastomosesがみられることもある。、AMD(加齢黄斑変性)のtypeII CNV (脈絡膜新生血管)に比し、概してPEの変化は軽度とされる。網膜血管からSRNに伸展する機序にRAPとの類似点もみられるが、基本的にはRAPのようにR-C anastomosisやCNVは伴わない

=== Type 3 occlusive telangiectasia === telangiectasiaperifoveal capillary nonperfusionの辺縁に発症するtelangiectasia。稀。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…