未熟児網膜症

網膜血管が未発達である未熟児に対して、高濃度酸素を持続供給した結果、網膜血管末梢に閉塞性変化が生じ、その後、酸素供給を中止すると網膜が低酸素状態となり、硝子体への血管新生が起こる。

症状、治療

  • 進行例では、瞳孔領に白い組織塊(白色瞳孔)を示す。
  • 予防として、酸素投与の濃度をなるべく低くし、期間を短くする。
  • 進行例では新生血管による組織増殖が網膜を牽引し、高度の網膜剝離が生じる危険性があるため、光凝固、冷凍凝固を行い、末期では硝子体手術を行う。
  • 急速進行例では、早期にレーザー光凝固を行う。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…