流涙

流涙は主に三叉神経刺激、鼻涙管閉塞・狭窄、精神的情動によって起こる。
生下時より流涙が続いている場合は先天性鼻涙管閉塞を疑う。
流涙をきたす疾患として以下のものが挙げられる。
症候性流涙 :涙道機能は正常、分泌過多による(分泌性流涙) 結膜炎、眼瞼内反症、外反症、結膜・角膜異物、眼精疲労など
導涙性流涙:涙液分泌は正常、導涙に障害のあるもの、涙囊腫瘍、涙点閉鎖、涙点外反、涙囊炎、鼻涙管閉塞など

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…