混合診療

日本国内の医療機関において、厚生労働省が健康保険の適用を認めた診療行為とそれ以外の医療行為を一人の患者に対して提供すること。従来は厚生労働省はこれを違法として禁じていたが、2007年11月に東京地方裁判所は、この厚生労働省の見解と全く逆の見解を示し、混合診療を禁じる法的根拠は存在せず、混合診療は完全に合法であるという判決を出した。

注目の記事

眼内レンズ縫着術

眼内レンズ縫着術 概念:眼内レンズを挿入する場合には嚢内固定、嚢外固定の両手技があるが、水晶体全摘出術を行なったり、チン氏帯が高度に断裂した場合には水晶体嚢による眼内レンズの支持が得られないため、毛様 …続きを読む…