眼窩腫瘍

眼窩内に存在する涙腺、眼筋、視神経などに生じた腫瘍を指す。
原発性、(隣接組織からの)浸潤性、転移性がある。
主な眼窩腫瘍
①原発性:
良性…皮様囊腫、涙腺多形腺腫、血管腫
悪性…視神経髄膜腫、悪性リンパ腫(結膜・涙腺に好発するMALTリンパ腫が多い) 、類腺癌、横紋筋肉腫(小児で最多)
②浸潤性:上顎癌(浸潤性で最多)、鼻咽頭癌、篩骨洞癌、頭蓋内からの髄膜腫の伸展
③転移性:乳癌、肺癌、肝癌、前立腺癌、緑色腫、神経細胞腫

症状

通常、片眼性に発症し、眼球突出、眼球偏位、眼球運動障害などをきたす。

治療

良性の場合は腫瘍のみ摘出を行う。悪性の場合は眼窩内容全摘と放射線治療を行う。

注目の記事

初めての方へ

Web医学辞典メディペディアへようこそ!!この医学辞典は日本中の医師・歯科医師の知恵を結集して、自由に執筆でき、無料で利用できる電子医学辞典を創ろう!というアイディアが結実したものです。このアイディア …続きを読む…