下顎骨

(外側)]] (内側)]]

下顎骨 mandible boneは頭蓋骨の一つ。下顎体と下顎枝からなる。

下顎孔から、下歯槽動脈下歯槽静脈下歯槽神経下顎骨内に入り、下顎管を通り、歯槽と交通した後、オトガイ孔よりオトガイ動脈オトガイ静脈オトガイ神経として出る。下顎管は下顎第三大臼歯に近接しているため、抜歯時の偶発症として、下歯槽神経の麻痺等が発生する危険性がある。

関節突起 mandibular condyleが顎関節にて側頭骨の下顎窩と連結する。

下顎に停止する筋

下顎に起始がある筋

疾患

顎変形症

顎変形症に対する治療で下顎骨におこなわれる処置として、日本で最も用いられているのは下顎枝矢状分割術(Obwegeser-dal Pont法)であるが、この他、症状などにより下顎枝垂直骨切り術下顎前方歯槽部骨切り術等が用いられる。

下顎骨骨折

頭蓋骨の中で最も強い骨である。以前は交通事故によるものが多くを占めていたが、シートベルトの義務化とエアバックの普及で、交通事故による症例は減少している。最近では殴打やスポーツ外傷によるものが多くなっている。小児等では、虐待の可能性もある。治療法としては観血的整復固定術(チタンプレートやPLLA吸収性プレート)が主であるが、顎間固定のみによる非観血的治療が選択されることもある。下顎角部や正中部は直達骨折、関節突起部は介達骨折が多い。骨折線にがかかる症例では、抜歯が必要となることもある。

腫瘍

下顎骨を好発部位とする腫瘍はエナメル上皮腫複雑性歯牙腫歯原性石灰化上皮腫歯原性粘液腫セメント質形成繊維腫良性セメント芽細胞腫エナメル上皮繊維腫等数多く存在する。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…