睡眠-覚醒のフリップフロップモデル

腹外側視索前野(Ventrolateral preoptic:VLPO)と脳幹および前脳の覚醒系とは相互抑制している。
フリップフロップが「オン」の状態ではVLPOが抑制、覚醒系が活性化している状態になり、アセチルコリン、ノルアドレナリン、セロトニン、ヒスタミンなどの伝達物質が放出される。
フリップフロップが「オフ」の状態では、VLPOが活性化、覚醒系が抑制している状態になり、伝達物質は放出されない。
また、オレキシン系の就職により、覚醒系は活性化される。これにより高度覚醒状態になり、伝達物質の放出もさらに増加する。
そして、アデノシン系の作用により、VLPOへの抑制が解除され、VLPOが活性化、覚醒系が抑制される。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…