塩酸クロルプロマジン

精神分裂病などの精神神経疾患の治療薬。 メラニン色素と結合する。 メラニン色素のある部分に色素沈着を起こす。 通常の使用量では問題ない。1日使用量が800mg以上で網膜症が 発症しやすく、総投与量よりも1日使用量が網膜症の発症に関与。

眼症状としては、網膜色素上皮にクロルプロマジンが沈着、次第に 網膜色素上皮委縮となり、視力、視野障害を引き起こす。

≪診断≫ 病歴、薬の使用歴。 眼組織の色素沈着。 ERGでa,b波の振幅低下、律動様小波の減弱。

≪治療法≫ とりあえず薬物の中止。しかし、一度委縮した網膜色素は戻らず 視力障害は改善しない。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…