Apgarスコア

Apgarスコアとな、分娩直後の新生児状態に対する評価方法の一つである。BPSが母体を介し間接的に胎児の状態を評価するのに対し、晩出直後の児を直接観察し、評価がなされる。観察項目のうち、皮膚色、心拍数、呼吸の3つは循環器や呼吸の指標として、刺激に対する反射、筋緊張の2つは中枢神経系の指標とする。通常1分後と5分後に、評価、採点され、その時の合計値によって時の状態を診断し、適切な処置が行われる。1分値は臍帯血pHとほぼ相関し、新生児仮死の指標となる。5分値は神経学的予後の指標とされるが、ここの予測は難しい。
〈観察項目〉
①皮膚色
   0点 チアノーゼ、蒼白   1点 体幹ピンク、四肢はチアノーゼ    2点 全身ピンク
②心拍数
   0点 なし  1点  <100回/分  2点  ≧100回/分
③刺激に対する反射
  0点 なし  1点  顔をしかめる  2点   咳、くしゃみ
④筋緊張 
  0点 四肢弛緩  1点 やや屈曲  2点 活発に動かす
⑤呼吸
  0点 なし  1点 緩徐(不規則)  2点 強く泣く
〈合計値と診断〉
0〜3点  重症新生児仮死
4〜6点  軽症新生児仮死
7〜10点 正常

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…