結膜結石

瞼結膜や涙丘に発生する白色からクリーム色の小さな塊。慢性炎症の結果発生する。石灰沈着ではなく、細胞蛋白の変性によって生じた硝子様物質。

【治療】 結膜上皮に覆われている場合、ほとんど違和感を生じないため経過観察でよい。違和感が生じた場合、その違和感が結膜結石によるものであれば摘出する。

点眼麻酔後。注射針や異物針で細隙灯顕微鏡または手術顕微鏡下に圧出、除去。

すべての結石の摘出は出来ないこと、違和感が出現したら摘出を繰り返すことを術前に患者に説明する必要がある。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…