肝芽腫

≪病態≫
胎生腫瘍の性格の強い、乳幼児に発生する肝癌。
血行性に肺に転移しやすい。

≪症状≫
自覚症状には乏しく、腫瘤は肝内に単発性である。
腫瘍マーカーとしてAFP(α-フェトプロテイン)があり、病状に相関する。

≪治療≫
進行度の低いものは根治的切除術の適応となり、完治可能な場合が多い。
切除術が不能な場合は、肝移植の適用となる。

注目の記事

急性尿細管壊死(ATN:acute tubular necrosis)

〈概念〉 ・ 腎虚血や、腎毒性物質によって尿細管上皮が壊死性変化を起こした状態。 ・ 急性腎不全の原因として最も多い。 ・ 成因として、血流障害あるいは尿細管上皮に対する直接の障害が考えら …続きを読む…