肝芽腫

≪病態≫
胎生腫瘍の性格の強い、乳幼児に発生する肝癌。
血行性に肺に転移しやすい。

≪症状≫
自覚症状には乏しく、腫瘤は肝内に単発性である。
腫瘍マーカーとしてAFP(α-フェトプロテイン)があり、病状に相関する。

≪治療≫
進行度の低いものは根治的切除術の適応となり、完治可能な場合が多い。
切除術が不能な場合は、肝移植の適用となる。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…