視神経乳頭海綿状血管腫

≪所見≫

視神経乳頭上に発生する血管過誤腫。

片眼性の両性腫瘍。のう胞状の血管瘤の集合で、乳頭上に突出したブドウ状の腫瘍。

 

 

≪症状≫

無症状が多い。

網膜内や網膜前出血、硝子体出血などまれに起こす。

 

 

≪検査≫

FAで除所に造影されるが、なかなか完全には造影されない。

腫瘍からの漏出はない。血漿―赤血球分離が観察される。

視野検査でマリオット盲点の拡大。

 

 

≪治療≫

経過観察。

常染色体優性遺伝の場合あり。頭部検査も行う。

注目の記事

ノックアウトマウス

概略 ある遺伝子の欠損マウス。最初から特定遺伝子の機能を欠失させたノックアウトマウスと、特異プロモーター下に目的遺伝子を切り出す酵素を発現させることにより(Cre recombinase & …続きを読む…