肺アスペルギローマ

≪概念≫
結核性遺残空洞や嚢胞など既存の空洞性病変にアスペルギルスが定着、増殖して菌球(fungus ball)を形成したもの。
≪臨床像≫
多くは無症状であるが、ときに微熱、血痰・喀血。
≪検査≫
胸部Xp、CT:真菌球(fungus ball)、空洞や嚢胞内の菌球は体位により移動する。
喀痰:培養でアスペルギルス陽性、鏡検でY字状に分岐する有隔菌糸の観察。
血液:アスペルギルス沈降抗体陽性
≪治療≫
無症状で安定していれば経過観察。症状があれば、外科手術(第一選択)、またはイトラコナゾール、ボリコナゾールの内服。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…