肺血栓塞栓症(肺塞栓症)・肺梗塞(acute pulmonary thromboembolism)

〈概念〉

静脈血中に入った塞栓子(血栓、空気、腫瘍など)が血流に乗って肺動脈につまり、低酸素血症をきたした状態を肺塞栓症という。

塞栓子は静脈系で形成された血栓(深部静脈血栓症〔DVT〕)が大半であり、この場合を特に肺血栓塞栓症という。

また、塞栓子によって肺動脈が完全に閉塞し、末梢組織が出血壊死した場合を肺梗塞という。

〈誘因〉

DVTの発症:長期臥床、手術後の安静が終わり歩行を開始したとき、長時間のフライト(エコノミークラス症候群)など

〈症状〉

突然の呼吸困難、頻呼吸、胸痛(吸気時に増悪)

〈検査〉

動脈血ガス:PaO2↓↓、A-aDO2開大、PaCO2↓がみられる。(低酸素血症、Ⅰ型呼吸不全、呼吸性アルカローシス)

血液所見:FDP↑、D-dimer↑(DVTの存在)

胸部造影CT:肺動脈内に血栓を認める。

本症の疑いが強く胸部造影CTにて診断が付かない場合、DSA(血管造影)にて血流の途絶を確認する。

また胸部Xpにて、

胸部Xpにて、肺門部肺動脈主幹部の拡大(Knuckle sign

血流が途絶した末梢肺野の透過性亢進(Westermark sign

心陰影の拡大 がみられることがある。

〈治療〉

バイタルサインの安定化が第一選択

まずはO2投与(低酸素血症を改善)

ついで抗凝固療法(まずはヘパリン)

必要に応じて、血栓溶解療法(ウロキナーゼ、t-PA

内科的治療が無効の場合、肺動脈血栓摘除術。

再発予防として、抗凝固療法(ワルファリン)、下大静脈フィルタ
留置など。

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…