脱顆粒抑制剤

 抗アレルギー薬の一種。マスト細胞の脱顆粒を抑制し、アレルギー疾患の際にマスト細胞からの炎症性物質の遊離を抑制する薬剤。古くから利用されている薬であるが、詳細な薬理メカニズムはまだ判明していない。クロモグリク酸ナトリウム(インタールなど)、トラニラスト(リザベン)等が知られる。またトラニラストはケロイドの治療薬としてもしられることは興味深い。

注目の記事

破嚢

後嚢破損 超音波水晶体乳化吸引術が普及した現在、後嚢破損の発生率は施設間、術者間の差はあるが約3%と言われる。逆にどんな名人でも破嚢のリスクはゼロではない。その後の適切な対応によって、術後の視機能は良 …続きを読む…