腹膜刺激症状

腹膜刺激症状とは、腹膜に細菌感染、外傷、出血、化学的刺激などが加わった時の徴候で、これをもっとも確実に示すが理学的所見は以下の2つである。
①Blumberg徴候:腹壁を手指でゆっくりと圧迫し、急に話したときに疼痛を訴える。
②筋性防御:壁側腹膜に炎症があるとき、腹部の触診時に腹筋の緊張がみられ、腹壁が硬く触れる。

注目の記事

エナメル質

エナメル質 エナメル質…歯冠象牙質の表面を覆う、人体で最も高度に石灰化した上皮組織である。人体では唯一の外胚葉由来の上皮性石灰化組織でほとんど無機結晶から構成され、細胞成分を全く含まない。完成した歯 …続きを読む…