腹膜刺激症状

腹膜刺激症状とは、腹膜に細菌感染、外傷、出血、化学的刺激などが加わった時の徴候で、これをもっとも確実に示すが理学的所見は以下の2つである。
①Blumberg徴候:腹壁を手指でゆっくりと圧迫し、急に話したときに疼痛を訴える。
②筋性防御:壁側腹膜に炎症があるとき、腹部の触診時に腹筋の緊張がみられ、腹壁が硬く触れる。

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…