腹膜刺激症状

腹膜刺激症状とは、腹膜に細菌感染、外傷、出血、化学的刺激などが加わった時の徴候で、これをもっとも確実に示すが理学的所見は以下の2つである。
①Blumberg徴候:腹壁を手指でゆっくりと圧迫し、急に話したときに疼痛を訴える。
②筋性防御:壁側腹膜に炎症があるとき、腹部の触診時に腹筋の緊張がみられ、腹壁が硬く触れる。

注目の記事

網膜色素上皮

網膜色素上皮;retinal pigment epithelium: RPE: 色素上皮 視細胞のメンテナンスに重要な細胞で、いわゆるブルフ膜を基底膜とする単層の立方上皮細胞であり、相互間はtight …続きを読む…