葛西手術

胆道閉鎖症に対して施行される術式。
胆道閉鎖症では、胆管が機能を果たさないため、肝臓肝門部と空腸を直接つなぐ、空腸肝門吻合が必要となる。
食物を適切に流すため、空腸を切断して、一端は盲管として肝門部に吻合し、もう一端は盲管の下流に吻合する。(Roux-en-Y吻合)

注目の記事

遺伝子発現データーベース

概要 各種組織、細胞での遺伝子発現をデーターベース化したもの。 ポストゲノミック時代の手法としてまず注目されているのはこうした遺伝子発現解析であり、近年DNAアレイなどの手法が考案され、組織や細胞で …続きを読む…