葛西手術

胆道閉鎖症に対して施行される術式。
胆道閉鎖症では、胆管が機能を果たさないため、肝臓肝門部と空腸を直接つなぐ、空腸肝門吻合が必要となる。
食物を適切に流すため、空腸を切断して、一端は盲管として肝門部に吻合し、もう一端は盲管の下流に吻合する。(Roux-en-Y吻合)

注目の記事

熱傷

≪病態≫ 熱の作用で、細胞レベルでたんぱく質が変性することにより生物学的活性が失われ、膜脂質の流動性が高まり、膜内の酵素活性が失われ、細胞機能が障害される。 熱の直接作用により、表皮や真皮に障害が …続きを読む…