胆道閉鎖症

≪病態≫
胆管が発生不全や繊維化などにより、狭窄、閉塞する。
胆汁うっ滞性肝硬変を惹起する。

≪症状≫
胆汁うっ滞性肝硬変から肝不全へと移行する。
黄疸や、凝固能異常、灰白便がみられる。

≪治療≫
乳児期に診断される疾患であり、診断後60日以内に葛西手術が施行される。
葛西手術により肝硬変の進行が止まる場合もあれば、肝硬変が進行する例もあり、その場合は肝移植の適応となる。

注目の記事

白内障

病態 白内障とは、眼球内の水晶体が混濁する疾患です。水晶体混濁の増加は水晶体内のαクリスタリン蛋白変性に伴う不溶性蛋白増加が指摘されています。白内障で最も多いのは加齢に伴う老人性白内障です。年代 …続きを読む…